ページの先頭に戻る

注文住宅のメリット・デメリット

     

イメージ画像

注文住宅の最大のメリットは何と言っても自由に設計ができるという点です。

家族構成や、生活のリズムは家族ごとに違います。

同じ予算の中でも、あまり拘りのない箇所はお金をかけずに、その分、拘りのある箇所に予算をまわせたりと、間取りや建材だけでなく“お金のかけ所”もある程度、自由にできるのも注文住宅のメリットですよね。

最近の建売住宅は、昔とは比べ物にならない程のクオリティの高さですが、はやり幅広い層の購入者をイメージして設計されていますので、家族ごとに違うはずのライフスタイルのうち、妥協しなければいけない点も増えてしまいます。

また注文住宅の場合、建築中の現場を見に行けるのも大きなメリットとなります。

住宅は出来上がってからでは見えなくなってしまう部分にこそ構造上、重要な箇所が多いですので、見えなくなってしまう前に、しっかりと把握する事ができます。

もちろん、プラン決めなどで何度も打ち合わせを重ねますので、着工するまでの日数もかかってしまうのはデメリットですが、プランが決まりつつある段階までくると、『なんか寂しくなりますね。』と言われる方も多いほど、プランを考えるのは楽しい作業です。

さぁ、どんな家にしますか?

土地から?プランから?

イメージ画像

土地探しを先行させると日当たりや近隣の雰囲気といった、“立地”にどうしても目が行ってしまい、やっと見つかったとしても、建築基準法で思い描いていたプランの家に出来なかったり、それとは反対にプランを先行さると、そのプランを実現できる土地を探すのに苦労してしまいます。

土地探しと建物のプランは、同時進行させることで、より理想に近い家への近道となりますし、住宅ローンのつなぎ融資の無駄を少しでも減らせます。

私共、アイホームでは住宅ローンのご相談はもちろん、土地探しのお手伝いもさせて頂いておりますので、まずはお気軽にご相談下さい。

現在施工中の現場

町田市 I様邸

【更地の状態】

地盤調査の結果、地盤改良する事になりました。


【地盤改良】

固い地層まで穴を掘って鋼管杭を打ちます。


【丁張(遣り方)】

建物の水平方向の高さや建物の配置、壁・柱の位置の基準となる仮設です。


【基礎工事】

注文住宅ならではの配筋量で、しっかりとした基礎を作ります。


【土台敷】

土台となる木材と基礎の間に基礎パッキンを置きます。

基礎パッキンは床下の換気を良くするだけでなく、コンクリートと木材が直接くっつかない為

コンクリートが吸った湿気を土台となる木材に上げない役目があります。


次ページ>>

スマートフォン版サイト

横浜市のリフォーム会社アイホームのスマートフォン版サイトへ移動

会社案内

株式会社 イシイ

神奈川県横浜市緑区鴨居5-21-15

TEL: 045-744-9644
FAX:045-744-7396

主な事業内容

・住宅リフォーム

・注文住宅の設計・建築

・ペットと暮らすリフォーム

・省エネ・エコリフォーム

・介護リフォーム

・収益物件のリフォーム

・増改築

・外構工事

・家屋解体工事

・不動産業

・賃貸物件管理業務

リンク集

増改築お役立ちサイトeリフォーム